フィラリア予防 | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

診療について

フィラリア予防

蚊によって媒介される伝染病です。フィラリアに感染している犬を蚊が刺すと、蚊の体内にフィラリアの幼虫が入ります。つぎに、その蚊がフィラリアに感染していない犬を刺すと、蚊の体内からフィラリアの幼虫が犬の体内に入り、感染が成立します。
感染を防ぐためには蚊の発生する4月から12月の間、月に1回予防薬を与えることが大切です。お薬を飲むと、その日から遡って1ケ月間の感染を予防します。フィラリアに感染している蚊にワンちゃんが刺されて、幼虫が犬の体内に侵入していたとしても、お薬を飲むことでその幼虫を殺すことができます。
予防薬にはいくつか種類がありますが、当院では錠剤、細粒、チュアブル(おやつタイプの薬)、それから背中の皮膚につけるタイプ(スポットオン)を取 り扱っています。これらのお薬の中には、フィラリアだけでなく、お腹の中の寄生虫(回虫など)やノミを同時に予防できるものもございます。

 

CIMG2583 CIMG2581 CIMG2582
スポットオンタイプ 錠剤 チュアブルタイプ

 

比較的リーズナブルなお値段でご提供させて頂いております。多頭飼育されている方や8か月分のまとめての購入の場合には割引も行っております。お気軽にお問い合わせください。
尚、お薬を処方するにあたりまして、わんちゃんがフィラリアに感染していないことを確認するために血液検査が必要です。当院では免疫学的反応を利用した確実な検査を実施しております。

 

ノミ・ダニの予防に関してはこちらをご覧ください。

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ

ページの先頭へ