ペットの安楽死について | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

診療について

ペットの安楽死について

ペットのオーナーが安楽死を決断される主な理由をいくつか挙げておきます

 

・重病で治癒する見込みがなく動物が明らかに苦痛を訴えている。

・慢性疾患を抱えており治療のために高額の治療費を払い続けることが困難。

・動物(特に犬)が高齢で徘徊や無駄吠えがひどく、飼い主の精神的肉体的負担が大きい。また近所か
らの苦情もある。

・犬が非常に凶暴になり、通常の飼育管理が非常に困難(しつけの問題もありますが、脳の病気の場合
もあります)。

・転居、離婚、重度のアレルギーなど飼い主の都合上、どうしても飼い続けることができなくなり、里親を
探しても長期間見つからない場合。

などです。

上記の事柄に当てはまる場合には、最終手段としての安楽死を検討される方もいらっしゃいます。でも、その前にしてあげられることもございます。無駄吠えはお薬でコントロールすることも可能ですし、しつけや治療の変更で困った症状が劇的に改善する場合もございます。また、他院にてお薬代が高額で支払い続けることが難しい場合には料金の御相談にも応じます。

これらの対応策が上手くいかない場合は、飼い主様と私で、安楽死を検討しましょう。人それぞれではございますが、やはりそうしないための努力はお互い尽くすようにしたいと思います。

ほとんどの方が長い間可愛がってきたペットに対して安楽死を考えること自体に大きな抵抗を感じています。しかし、一方で飼い主の方は、受け入れがたい現実的問題 にも苛まれており本当に追い詰められています。一人で考え込まずに一度ご相談させて頂くことをお勧めします。

 

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ

ページの先頭へ