角膜内皮ジストロフィー | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

ペットの病気と健康について

角膜内皮ジストロフィー

中高齢のチワワやダックスに多くみられる目(角膜)の病気です。
ふつう両方の目に発生し、目の表面(角膜)が青白く濁ります。
痛みはなく角膜の白濁だけが徐々に広がっていきます。

角膜の内皮細胞が変性し、目の水分が角膜の内部にしみ込んで、水ぶくれのようになること(角膜浮腫)で濁りがでます。


CIMG2691

 

 

 

 

 

ときに角膜の表面がはがれてしまうこともあり、こうなると痛みがでます。遺伝的な疾患なので完治は困難ですが進行をおくらせたり、やや改善させたりする眼薬はありますのでそれらを生涯続ける必要があります。

 

 

ノミとダニの予防(特にダニ予防について)

春と秋は特にダニの多く発生するシーズンです。特にワンちゃんは散歩途中の草むらや芝生などでダニに感染するケースが多くみられます。

 

ここ数年、ダニが媒介する病気でSFTS(重症熱性血小板減少症)というウイルス性の伝染病が発生しています。人に感染すると、高熱、嘔吐、下痢(出血を伴うことも)、筋肉痛などの症状がみとめられ、出血を伴う多臓器不全等で10-30%近くの方が死亡してしまう恐ろしい感染症です。

 

ワンちゃんはこの病気のウイルスに感染しても大丈夫ですが、犬の身体についたダニがそのまま室内やお庭などに持ち込まれ、人がかまれたり、場合によってはそこでダニが繁殖したりしたら大変です。

犬猫ともノミダニ予防(特にダニ)の予防はしっかりとお願いします。

CIMG2584

左から スポットオン、おやつタイプ、錠剤(のみとダニのほかフィラリアも予防)

 

予防、駆虫のお薬は、動物の背中につけるスポットオンタイプと飲み薬(内服薬)がございます。最近では、1錠でノミとダニとフィラリア、3種類全部予防できるものも発売されました。

どのお薬も、月に1回投薬します。どのタイプも予防効果はしっかりしています。それぞれのお薬の特徴やお値段など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

皮膚病

皮膚病の季節になりました。
皮膚病の原因は大まかに言いまして、細菌真菌外部寄生虫アレルギーホルモン関連自己免疫性の6つがあります。

季節がら気温と湿度の上昇に伴い急に増えてくるのが、細菌による皮膚疾患です。
皮膚の表面がすりむけたように赤くなって表面がただれてきます。形は普通楕円形で、大きさはまちまちですが、直径1cmから5cmほどのことが多いです。
皮膚に存在するブドウ球菌の一種が主な原因菌です。抗生物質には比較的よく反応しますので、10日ほどの投薬でほぼおさまります。

経験的にわんちゃんをシャンプーした後、乾燥が不十分だと発生することが多いように感じます。
診察室で飼い主の方が、「このまえシャンプーしたばっかりなのに・・・」と残念そうによくコメントしています。
皮膚病予防のためにシャンプーしているはずが、そのあとあまり乾燥させていないので、余計皮膚病になりやすくしてしまっているのです。

しっかりタオルドライして被毛の水分をよく吸い取るようにして、できればドライヤーもかけましょう。

真菌(かび)による皮膚病

写真の検索:_猫_毛_-_2014-11-04_13.17.02すこし涼しくなってくると細菌性皮膚炎は減ってきます。
かわって増えてくるのが、かびによる皮膚病です。
かゆみはそれほど強くないですが、ふけや赤みを伴って円形に毛が抜けてきます。頭部、手足、体幹などいろいろなところにできます。
脱毛は徐々に周辺に広がって、来院される時には直径2~3cmになっていることが多いです。

一度発症すると治療に時間がかかります。抗生物質には反応しません。抗真菌薬を処方するのですが投薬しても治癒するまでに5~6週間はかかります。原因となる病原体は皮膚糸状菌といいます。

人間にも移りますので手洗いは励行して下さい。

疑わしい皮膚病を愛犬や愛猫にみつけたら早めに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

急に元気がなくなった(椎間板ヘルニアかも)

wp_logoさっきまで元気に動き回っていたのに、気がつくとしっぽを垂れて、背中を丸めてしょんぼりしている。

体が震えていて、抱き上げようとすると痛そうになく…。わんちゃんが、急にこんな状態に陥った時は椎間板ヘルニアかもしれません。

この病気はミニチュアダックスに多発します。
この犬種を飼っている方は特に注意しましょう。

 

椎間板というのは背骨と背骨の間にある座ぶとんのような構造物です。背骨は1本の長い骨でできているのではなく、短い骨がいくつも連なってできています。
その、短い背骨と背骨の1つ1つが互いにぶつからないように、クッションの役割をはたしているのが椎間板なのです。

特定の犬種(特に多いのがミニチュアダックス)では椎間板が障害をおこしやすく、そのせいで背骨の中をはしっている脊髄を圧迫したり、傷つけたりします。

椎間板が壊れて脊髄が圧迫をうけると、程度によって次のような症状がでてきます。
程度が軽い場合は、背中や腰が痛くなります。結果として、犬は体を動かすことを嫌がり、ふるえたり、何かの拍子に痛みから悲鳴のような鳴き声を上げたりします。
最初のうちはこのような痛みからくる元気消失を繰り返すことが多いようです。
しかし、脊髄への椎間板による障害がひどい場合は、後ろ足が麻痺してうんちやおしっこができなくなってしまいます。
首の椎間板が障害をうけると前足も麻痺することがあります。

 

症状が痛みによる元気消失だけであれば、3~4週間の厳しい運動制限でおおかた治ります。
ただ、再発の可能性は常にありますので、運動制限を解いてからも、ジャンプしたり階段を昇り降りしたり、ソファに飛び乗ったりというような背骨に負担をかける運動は厳禁です。
体重超過の場合には減量も必ずしなければなりません。

足が麻痺するような重大な症状がでている場合には外科的な治療が必要になることが多いです。
しかし、手術をしても麻痺が回復しない場合もあります。また、手術を選択しなくても麻痺がかなり回復する場合も多くあります。このあたりは難しいところですが充分な話し合いの上で決めていかなければなりません。

 

ミニチュアダックスを飼っている方は、普段から体重管理を心掛け、ジャンプや飛び乗り、階段の昇降は避けるようにしましょう。
椎間板ヘルニアは突然やってくる恐い病気です。

目がしょぼしょぼしている

a0800_000674

犬や猫が目をしょぼつかせていたり、半開きにしていたりすることはよくあることです。
普通は涙もたくさん出ていることが多いです。
これは目に痛みがあるサインですから見逃さないようにしましょう。

 

 

大人しい子なら、先ず目の中に植物のかけらや砂等の異物がないかどうかをよく観察してみましょう。可能ならまぶたを少し反転させて裏側も観察してみて下さい。
もし、異物が見つかったら、ホウ酸水(水道の水でも少量ならOK)を多めに点眼して異物を洗い流すようにしてみます。除去できればよいですが、とれない時は動物病院にかかるようにしましょう。
単純にウイルスや細菌による結膜炎の場合もあります。

眼が部分的に青白く濁っていたり、瞳(黒目の部分)が片方の目とくらべて小さくなっていたり(逆にとても大きくなっていたり)、白眼が充血していたり、と 眼球自体に異常が見られる場合にはなるべく早く獣医の診察を受けるようにしてください。角膜(目の表面の透明な部分)や眼球内部の異常があるかもしれませ ん。その場合は治療をなるべく早くはじめる必要があります。

異物もなく目自体もきれいにみえるのに、いつも目をしょぼしょぼさせて涙がたくさん出ている子もいます。そのような犬猫のまぶたをよくみると、多くの場合、逆さまつげが生えています。心当たりのある方は一度診察を受けるといいでしょう。

目がおかしい場合はあまり様子を見ないようにして、早めに診察を受けるようにして下さい。

最近たくさん水を飲む

写真の検索:_猫_水_-_2014-11-04_13.09.37

一般的に飲水量が増えている場合は動物にとってあまりよいことはありません。

最近よく水を飲んでいる姿を見かけるようなら、24時間でどのくらい飲んでいるのか 客観的に測定してみましょう。

 

 

方法は簡単です。
1. 24時間で飲みきれないような水(10kgの犬なら2リットルくらい)をおいておく。 置いておく水の量はしっかり量っておいてください。
2. 他の場所では水を飲めないようにしておき、24時間待ちます。
(例:朝8時から翌 朝8時まで)
3. 残った水の量を量って、初めに置いておいた水の量から引き算します。そうする とその子が24時間で飲んだ水の量がわかります。

 

例えば10kgの犬に対して、朝8時に2リットル水を用意したとします。 次の日の朝8時に1.4リットル残っていたとすると、その犬は24時間で600mlの水を飲 んだことになりますね。その場合、体重1kgあたりの飲水は60mlになります。

普通、体重1kg当たり100ml以上の水を飲む場合は身体に何か異常がおこっています。 また60ml以上100ml未満なら、病気の可能性があります。このような場合は、動物病 院で診察を受けた方がよいでしょう。 どのような病気が考えられるか、以下に挙げてみました。参考にしてください。

 

猫の場合、
 腎臓病(お年寄りの猫では一番多いです)
 糖尿病(以外と多いです)
 肝臓疾患
 内分泌疾患(甲状腺、副腎などホルモンの病気)
 その他、身体のどこかに炎症が存在(怪我など)

 

犬の場合
 内分泌疾患
  副腎
  甲状腺
  副甲状腺
  膵臓(糖尿病)
  脳下垂体
  子宮蓄膿症(子宮に膿が溜まる病気)
  肝臓疾患
  腎臓病
  心理的要因
  薬を飲んでいる
  その他身体のどこかに炎症が存在(怪我、歯肉炎、関節炎、皮膚炎、外耳炎など)

 

水を飲む量は簡単にチェックできる検査項目です。いつも充分注意してあげましょ う。ちなみに、人間にもあてはまります。

おとなの犬の下痢

はっきりとした原因がないのに下痢をしてしまうことは、けっして 珍しいことではありません。 色々とお話を伺って原因を探るのですがよくわからないこともあります。

症状としましては、 何度も便意をもよおし、少量の便を何度もする場合(よく血液や粘液が混ざる)は 大腸性の下痢で、たいした事のないケースが殆どです。

一方、回数はそれ程多くないけれどほぼ必ず下痢で、体重食欲とも落ちてきている ようなら、小腸性の、もしくは他の内科的疾患に伴う下痢が疑われます。

これはかなり心配な状況です。診察必須です。

 

 

a0790_000343

よくある下痢の原因としては
1. 食事の変化
お話から明らかに普段と違うものを食べた場合。
具体的にあげるとキリがないのですが、 食べ慣れないフードやおやつ、香辛料や油のいっぱいついたお肉など、また、くだものではこの時期、 梨や柿も下痢をおこしやすいように思います(経験的に言って)。野菜はたくさん食べると便が緩くなることが多いです。お菓子や、クリームいっぱいのケーキは膵臓にリスクがあると言われています。
2. お父さんのあたえるもの
お父さんはお酒を飲んでよい気分になると(お酒が入らなくても、ついつい)ろくでもないものを与えます。すると、翌日動物病院で犬が診察を受けることになります(経験的に言って…)。気をつけてくださいね。 
2′. おじいちゃん、おばあちゃんのあたえるもの
お父さんと同様です!年輩の方は何度いっても聞いてくれませんが、犬もそのうち下痢しなくなるみたいです(ホント!?) 
3. ストレス
恐怖、緊張、寒さなどに関係するストレスは下痢を引き起こします。人間と一緒です。 
4. 感染症
細菌やウイルスの感染 
5. 寄生虫
成犬の場合、代表的な寄生虫は鞭虫(べんちゅう)でしょう。
粘液や血液を伴ったしぶり便が特徴。 
6. 原因不明の出血性胃腸炎
何か、に胃腸が反応して出血性の下痢と嘔吐をおこします。飼主様にお話を聞いても一通り検査をしても、これといった原因を見つけられません。3-5日で治ります。 
7. 小腸、大腸、肝臓、膵臓などさまざまな内臓の疾患に伴った下痢
通常小腸性の下痢です。 

 

大体、このような原因に分けられるでしょうか。殆どの下痢は適切な治療と食事管理で治すことができます。 わんちゃんが繰り返し下痢をしたり、ずっと便が緩かったりする場合には病院に相談しましょう。

ワクチンについて

犬の伝染病ワクチン

当院で取り扱う犬の伝染病ワクチンは6種と9種の混合ワクチンです。

写真の検索:_犬_舌_-_2014-11-04_13.14.11子犬の場合ワクチンは生後7週か8週目に1回目、その後3週間 から4週間の間隔で2回目、3回目を接種します。最後のワクチン接種日が生後100日過ぎになるように接種するのが理想的です。お散歩やトリミングに行く のは最後のワクチン接種後、2週間程経過してからにしましょう。それまでは犬の多くいる場所への外出はできるだけ控えましょう(動物病院もしかり)。
大人の犬は原則として1年に1回追加接種しましょう。

致死率の高い犬の代表的な伝染病は、ジステンパーとパルボウイルス感染症です。この二つの伝染病はどのワクチンを接種しても予防できます。以下にワクチンで予防できる病気につて簡単にご説明いたします。

 ジステンパー : はじめは、くしゃみ、眼やに、鼻水、せき、下痢など、風邪に似た症状が長く続き、その後、神経症状(震えやけいれん)がでてくる恐ろしい病気です。致死率も非常に高いです。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  パルボウイルス感染症 : 激しい嘔吐と血便が主な症状です。食べることができないので、体力のない小型犬の小犬にとっては致死率の高い、怖い病気です。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  パラインフルエンザ : 平たく言えば犬の風邪です。咳、鼻水、発熱などの呼吸器症状を伴います。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  アデノウイルス2型 : やはり犬の風邪の類で、乾いた咳がしばらく続きます。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  伝染性肝炎 : 症状の程度には差がありますが、元気食欲がなくなり、高熱や嘔吐、下痢を主症状とします。病気の回復期に目が白く濁る独特の症状を呈する場合があります。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  コロナウイルス感染症 : 犬の胃腸風邪です。嘔吐や下痢が主な症状ですが、この病気単独で命を落とすようなことはまずありません。6種と9種のワクチンで予防できます。

  レプトスピラ病 : 腎炎や肝炎をおこす怖い病気です。この病気 は人にも感染します。嘔吐、高熱、黄疸、血便、筋肉痛などの症状をあらわします。9種のワクチンで予防できます(レプトスピラ病には多く の型があります。9種ではそのうち三つの型を予防できます)。

必要に応じてワクチンを選択してください。
屋外飼育の場合や散歩好きの犬は9種、室内飼育であまり外出しない犬は6種でよいでしょう。当院の犬ワクチンの価格帯はおよそ5000から7000円です。

 

猫のワクチン

猫のワクチンは3種混合、5種混合、猫エイズワクチン単独 の3種類を取扱しています。子猫の場合、3種と5種は、生後60日と90日の2回接種、以降大人になってからは原則年1回の追加接種が必要です。エイズ単独ワクチンは生後2カ月以上経過してから、2-3週間隔で3回接種します。以降は年1回の追加接種が原則です。猫の生活環境に応じて接種するワクチンを選びましょう。お気軽にご相談ください。

3種混合ワクチン
猫ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルス感染症、汎白血球減少症の3種類の病気を予防します。最も基本的なワクチンです。室内飼いの猫さんはこのワクチンで十分でしょう。

 猫ウイルス性鼻気管炎ヘルペスウイルスによる感染症で、上部気道炎による鼻水、くしゃみ、結膜炎や角膜炎による涙目、眼やに、また発熱などの症状を伴います。食欲不振が長く続くと命に関わります。また、猫さんによっては治療にうまく反応せず、長期間症状が続く慢性感染に陥る場合もあります。そうなると生涯にわたりストレスなどで症状が頻繁に再発するようになってしまいます。

 カリシウイルス感染症上記のウイルス性鼻気管炎と鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの風邪の症状を伴い、時に肺炎をおこします、また、舌炎や口内炎を起こすことが多くそうなると痛みで食欲が落ちることがあります。悪化させてしまうとやはり命に関わります。

 汎白血球減少症パルボウイルスによる、ほぼ、致死性の伝染病です。激しい嘔吐と血便を繰り返し、猫さんは急速に脱水が進みます。病気と闘う白血球が極端に減少し、抵抗力がなくなってしまいます。全力で支持療法を行いますが報われないことが圧倒的に多く、それだけに予防が非常に大切です。ウイルスの抵抗力が強いのでこのウイルスに感染した猫がでてしまうと、しばらくは猫が飼えなくなるほどです。

CIMG2598

 

 

 

 

 

 

 


5種混合ワクチン
; 

 上記の3種に加えて、猫白血病とクラミジア感染の予防を加えたワクチンです。外出する猫には接種しておいたほうがよいでしょう。

 猫白血病ウイルス感染猫とのけんか、グルーミング、食器やトイレの共用など濃厚な接触から感染します。感染してもすべてが発症するわけではありませんが、30-40%はウイルスの持続感染をおこし発症します。発症した猫さんは、体の抵抗力が落ちて、口内炎、慢性風邪、治りにくい皮膚病やけが、リンパ腫、白血病、貧血などの病気になります。最終的には、発症猫の80%程度は3年以内になくなってしまう怖い病気です。

 クラミジア感染症;結膜炎やくしゃみ鼻水といった呼吸器の症状をあらわします。子猫が発症することが多く、発熱や食欲低下をともなうこともあります。あまり重篤化することはないようです。
 

 

 

 

 

 

 

 

子犬の下痢

後3-4ヶ月くらいまでの子犬はよく下痢をします。 よくある原因をピックアップしてみましょう。

 

 

よくある下痢の原因としては
環境変化のストレス:   家に来てまだ時間が経ってなくて、御家族の方が熱烈歓迎して、子犬をいじり過ぎるとよく下痢をして体調を崩します。お家に慣れるまで待ってあげましょう。
さ:   冬 場、特に夜、暖房を切ってしまうとかなり冷えます。これも下痢の大きな原因となります。子犬のいる周辺に温度計を設置し、冬場でも22°くらいは保つよう にしてください。保温はエアコンが一番ですが、ペット   ヒーターでも構いません。要するに適切な温度がキープされているかどうかが問題です。
フード:   餌 の食べ過ぎは便がゆるくなる原因になるようです。適切な量を与えましょう。子犬用のフードにはパッケージの裏に給餌量が表示されていますからそこをしっか り見ましょう。よく、ペットショップの人が、子犬の頭  の大きさが一日量の目安、なんていってますが、それは大雑把すぎます。きちんとグラムを量りましょ う。また、フードに添加物を加えたり、フードをふやかして与えるのはなるべく早い段階で止めるようにしましょう。
食器:   きれいに洗うようにしましょう。とても大事です。給水ボトルは不衛生になりやすいのであまり勧めません。どうしても使用する場合は隅々まで徹底的にきれいにしてください。
食糞:   子犬はよくうんこをたべます。でもこれは習性でもありますからあまり叱らないようにして下さい。それよりもしたらすぐ片付けるようにしましょう。食糞は下痢の原因になります。

 

1 / 212

ページの先頭へ

ページの先頭へ