地域猫さんの不妊、去勢、ワクチン | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

ペットの病気と健康について

地域猫さんの不妊、去勢、ワクチン

地域ののらねこさんを守るため、日々活動しておられるボランティアの方々、いつもありがとうございます。

さて、捕獲後の不妊、去勢手術、ワクチン等の処置は、費用の点で何かと大変かと思います。当院では、通常の半額から1/3程度の料金で処置を行います。野良さんなのでつかまらないと処置できませんから、特に予約は必要ありません。

詳しくは診察時間内にお電話でお問い合わせください。

猫の爪とり

猫さんを飼う上で、飼い主の頭を悩ませる事のひとつに 爪とぎ があります。
買ったばかりのテーブルやソファーなど容赦なくがりがりと。。。壁紙やふすま、ドアの横なんかも。。
それでも爪をとるのは可愛そうなので猫好きのみなさんは、ひたすら辛抱辛抱。。

獣医として強くは勧められませんが、家じゅうの被害があまりに大きいときには爪とりの手術も検討してみてください。手術費用は30000円(税抜き)、1日入院の費用も含みます。翌日お返しでもよいのですがやはり数日間の入院を勧めます。手術は猫の前足の爪を、指の一番先の関節ごと切除します。手術の後は包帯で7-10日ほど、保護しないといけません。手術よりもそのあとの術後管理に気をつかいます。猫さんは手術個所の違和感と包帯の違和感で腕を小刻みに振り回しますので、しばらくしてからまた出血してきたり包帯が取れたりすることもあります。手術後数日間お預かりしたほうがよいのにはそういった理由があります。抜糸はだいたい10-12日後です。手術後しばらくは足をかばったりしますが自然に治まります。過去にこの手術をうけて、足を悪くした猫さんは今のところおりません。

CIMG2604

 

 

 

 

 

 

 

写真は手術後11日目、抜糸のときのものです。この子も元気にしています。

ご検討される方は診察室でもっと詳しいお話をいたします。猫さんの性格によっては手術後の管理が極めて難しい子もいますので、そのような点も含めてお話させて頂ければと思います。

真菌(かび)による皮膚病

写真の検索:_猫_毛_-_2014-11-04_13.17.02すこし涼しくなってくると細菌性皮膚炎は減ってきます。
かわって増えてくるのが、かびによる皮膚病です。
かゆみはそれほど強くないですが、ふけや赤みを伴って円形に毛が抜けてきます。頭部、手足、体幹などいろいろなところにできます。
脱毛は徐々に周辺に広がって、来院される時には直径2~3cmになっていることが多いです。

一度発症すると治療に時間がかかります。抗生物質には反応しません。抗真菌薬を処方するのですが投薬しても治癒するまでに5~6週間はかかります。原因となる病原体は皮膚糸状菌といいます。

人間にも移りますので手洗いは励行して下さい。

疑わしい皮膚病を愛犬や愛猫にみつけたら早めに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

涙目、結膜炎

結膜炎では上と下のまぶたの内側が赤く充血したり、ぶよぶよと腫れてきたります。 ねこさんは涙目になり、目を充分に開けることができず、半開きになったりします。 前足で顔を洗う仕種を何度も繰り返す場合もあります。

 

原因としましては

・「ヘルペスウイルス」による猫のかぜにともなっておこる場合

・「クラミジア」という病原体が感染しておこる場合

・その他のばい菌の感染

・目をついたとかこすったなどの傷による場合

などが一般的です。

 

特にヘルペスやクラミジアは猫に多く、発熱を伴う場合もよくあります。 ヘルペスの結膜炎は慢性化しやすく、一度よくなったようにみえても猫さんの 免疫力が落ちた時に再発することがしばしばです。子猫の時にヘルペスウイルスによるひどいかぜを 患った場合などはその後ずっと慢性的な結膜炎が続くこともあります。

治療には抗ウイルス薬やテトラサイクリンと呼ばれる抗生物質の点眼、インターフェロンの注射などいくつかの お薬を組み合わせて使用します。またヘルペス感染の予防にはワクチンがありますので接種してあげるとよいです。

ねこさんの目がうるうるしている時は早めに診察をうけるようにしてくださいね。

目がしょぼしょぼしている

a0800_000674

犬や猫が目をしょぼつかせていたり、半開きにしていたりすることはよくあることです。
普通は涙もたくさん出ていることが多いです。
これは目に痛みがあるサインですから見逃さないようにしましょう。

 

 

大人しい子なら、先ず目の中に植物のかけらや砂等の異物がないかどうかをよく観察してみましょう。可能ならまぶたを少し反転させて裏側も観察してみて下さい。
もし、異物が見つかったら、ホウ酸水(水道の水でも少量ならOK)を多めに点眼して異物を洗い流すようにしてみます。除去できればよいですが、とれない時は動物病院にかかるようにしましょう。
単純にウイルスや細菌による結膜炎の場合もあります。

眼が部分的に青白く濁っていたり、瞳(黒目の部分)が片方の目とくらべて小さくなっていたり(逆にとても大きくなっていたり)、白眼が充血していたり、と 眼球自体に異常が見られる場合にはなるべく早く獣医の診察を受けるようにしてください。角膜(目の表面の透明な部分)や眼球内部の異常があるかもしれませ ん。その場合は治療をなるべく早くはじめる必要があります。

異物もなく目自体もきれいにみえるのに、いつも目をしょぼしょぼさせて涙がたくさん出ている子もいます。そのような犬猫のまぶたをよくみると、多くの場合、逆さまつげが生えています。心当たりのある方は一度診察を受けるといいでしょう。

目がおかしい場合はあまり様子を見ないようにして、早めに診察を受けるようにして下さい。

最近たくさん水を飲む

写真の検索:_猫_水_-_2014-11-04_13.09.37

一般的に飲水量が増えている場合は動物にとってあまりよいことはありません。

最近よく水を飲んでいる姿を見かけるようなら、24時間でどのくらい飲んでいるのか 客観的に測定してみましょう。

 

 

方法は簡単です。
1. 24時間で飲みきれないような水(10kgの犬なら2リットルくらい)をおいておく。 置いておく水の量はしっかり量っておいてください。
2. 他の場所では水を飲めないようにしておき、24時間待ちます。
(例:朝8時から翌 朝8時まで)
3. 残った水の量を量って、初めに置いておいた水の量から引き算します。そうする とその子が24時間で飲んだ水の量がわかります。

 

例えば10kgの犬に対して、朝8時に2リットル水を用意したとします。 次の日の朝8時に1.4リットル残っていたとすると、その犬は24時間で600mlの水を飲 んだことになりますね。その場合、体重1kgあたりの飲水は60mlになります。

普通、体重1kg当たり100ml以上の水を飲む場合は身体に何か異常がおこっています。 また60ml以上100ml未満なら、病気の可能性があります。このような場合は、動物病 院で診察を受けた方がよいでしょう。 どのような病気が考えられるか、以下に挙げてみました。参考にしてください。

 

猫の場合、
 腎臓病(お年寄りの猫では一番多いです)
 糖尿病(以外と多いです)
 肝臓疾患
 内分泌疾患(甲状腺、副腎などホルモンの病気)
 その他、身体のどこかに炎症が存在(怪我など)

 

犬の場合
 内分泌疾患
  副腎
  甲状腺
  副甲状腺
  膵臓(糖尿病)
  脳下垂体
  子宮蓄膿症(子宮に膿が溜まる病気)
  肝臓疾患
  腎臓病
  心理的要因
  薬を飲んでいる
  その他身体のどこかに炎症が存在(怪我、歯肉炎、関節炎、皮膚炎、外耳炎など)

 

水を飲む量は簡単にチェックできる検査項目です。いつも充分注意してあげましょ う。ちなみに、人間にもあてはまります。

ワクチンについて

犬の伝染病ワクチン

当院で取り扱う犬の伝染病ワクチンは6種と9種の混合ワクチンです。

写真の検索:_犬_舌_-_2014-11-04_13.14.11子犬の場合ワクチンは生後7週か8週目に1回目、その後3週間 から4週間の間隔で2回目、3回目を接種します。最後のワクチン接種日が生後100日過ぎになるように接種するのが理想的です。お散歩やトリミングに行く のは最後のワクチン接種後、2週間程経過してからにしましょう。それまでは犬の多くいる場所への外出はできるだけ控えましょう(動物病院もしかり)。
大人の犬は原則として1年に1回追加接種しましょう。

致死率の高い犬の代表的な伝染病は、ジステンパーとパルボウイルス感染症です。この二つの伝染病はどのワクチンを接種しても予防できます。以下にワクチンで予防できる病気につて簡単にご説明いたします。

 ジステンパー : はじめは、くしゃみ、眼やに、鼻水、せき、下痢など、風邪に似た症状が長く続き、その後、神経症状(震えやけいれん)がでてくる恐ろしい病気です。致死率も非常に高いです。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  パルボウイルス感染症 : 激しい嘔吐と血便が主な症状です。食べることができないので、体力のない小型犬の小犬にとっては致死率の高い、怖い病気です。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  パラインフルエンザ : 平たく言えば犬の風邪です。咳、鼻水、発熱などの呼吸器症状を伴います。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  アデノウイルス2型 : やはり犬の風邪の類で、乾いた咳がしばらく続きます。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  伝染性肝炎 : 症状の程度には差がありますが、元気食欲がなくなり、高熱や嘔吐、下痢を主症状とします。病気の回復期に目が白く濁る独特の症状を呈する場合があります。6種、9種、いずれのワクチンでも予防できます。

  コロナウイルス感染症 : 犬の胃腸風邪です。嘔吐や下痢が主な症状ですが、この病気単独で命を落とすようなことはまずありません。6種と9種のワクチンで予防できます。

  レプトスピラ病 : 腎炎や肝炎をおこす怖い病気です。この病気 は人にも感染します。嘔吐、高熱、黄疸、血便、筋肉痛などの症状をあらわします。9種のワクチンで予防できます(レプトスピラ病には多く の型があります。9種ではそのうち三つの型を予防できます)。

必要に応じてワクチンを選択してください。
屋外飼育の場合や散歩好きの犬は9種、室内飼育であまり外出しない犬は6種でよいでしょう。当院の犬ワクチンの価格帯はおよそ5000から7000円です。

 

猫のワクチン

猫のワクチンは3種混合、5種混合、猫エイズワクチン単独 の3種類を取扱しています。子猫の場合、3種と5種は、生後60日と90日の2回接種、以降大人になってからは原則年1回の追加接種が必要です。エイズ単独ワクチンは生後2カ月以上経過してから、2-3週間隔で3回接種します。以降は年1回の追加接種が原則です。猫の生活環境に応じて接種するワクチンを選びましょう。お気軽にご相談ください。

3種混合ワクチン
猫ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルス感染症、汎白血球減少症の3種類の病気を予防します。最も基本的なワクチンです。室内飼いの猫さんはこのワクチンで十分でしょう。

 猫ウイルス性鼻気管炎ヘルペスウイルスによる感染症で、上部気道炎による鼻水、くしゃみ、結膜炎や角膜炎による涙目、眼やに、また発熱などの症状を伴います。食欲不振が長く続くと命に関わります。また、猫さんによっては治療にうまく反応せず、長期間症状が続く慢性感染に陥る場合もあります。そうなると生涯にわたりストレスなどで症状が頻繁に再発するようになってしまいます。

 カリシウイルス感染症上記のウイルス性鼻気管炎と鼻水、くしゃみ、咳、発熱などの風邪の症状を伴い、時に肺炎をおこします、また、舌炎や口内炎を起こすことが多くそうなると痛みで食欲が落ちることがあります。悪化させてしまうとやはり命に関わります。

 汎白血球減少症パルボウイルスによる、ほぼ、致死性の伝染病です。激しい嘔吐と血便を繰り返し、猫さんは急速に脱水が進みます。病気と闘う白血球が極端に減少し、抵抗力がなくなってしまいます。全力で支持療法を行いますが報われないことが圧倒的に多く、それだけに予防が非常に大切です。ウイルスの抵抗力が強いのでこのウイルスに感染した猫がでてしまうと、しばらくは猫が飼えなくなるほどです。

CIMG2598

 

 

 

 

 

 

 


5種混合ワクチン
; 

 上記の3種に加えて、猫白血病とクラミジア感染の予防を加えたワクチンです。外出する猫には接種しておいたほうがよいでしょう。

 猫白血病ウイルス感染猫とのけんか、グルーミング、食器やトイレの共用など濃厚な接触から感染します。感染してもすべてが発症するわけではありませんが、30-40%はウイルスの持続感染をおこし発症します。発症した猫さんは、体の抵抗力が落ちて、口内炎、慢性風邪、治りにくい皮膚病やけが、リンパ腫、白血病、貧血などの病気になります。最終的には、発症猫の80%程度は3年以内になくなってしまう怖い病気です。

 クラミジア感染症;結膜炎やくしゃみ鼻水といった呼吸器の症状をあらわします。子猫が発症することが多く、発熱や食欲低下をともなうこともあります。あまり重篤化することはないようです。
 

 

 

 

 

 

 

 

おしっこが出ない!

ネコはこの時期、おしっこがでない、もしくは何度もトイレに行く、という理由で診察をうける機会が多くなります。
原因の殆どは尿の中に結晶 (細かい砂粒のようなもの) がたくさんできて、尿道をふさいでしまうためです。

この病気が発生するのは普通、気温が下がるこの時期から冬にかけてです。
寒くなると飲水量が減り、尿が濃くなります。
そのため溶媒である尿の量が減少し、溶質として尿中に解けている結晶成分が析出しやすいのです。その結果、結晶ができやすくなります。
雄は尿道が細く長いので結晶がつまりやすく、経験的にアメリカンショートヘアの雄は特にこの病気になりやすいように思います。それから、若いネコによく発生します。
たべものや生活環境も重要です。罹患するネコは殆どが100%室内飼育で、ドライのキャットフードのみを与えられています。

 

早期発見のためねこさんの毎日の排尿状況を観察するようにしましょう。
観察の要点は、排尿回数が多くなっていないか?
おしっこをした後のネコ砂の固まりが小さいものばかりになっていないか?
の2点で十分でしょう。

治療は、おしっこを出るようにした後、
抗生物質、尿道拡張薬、食事療法を組み合わせておこないます。

おかしいな?とおもったら診察を受けるようにしましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ