涙目、結膜炎 | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

診療について

涙目、結膜炎

結膜炎では上と下のまぶたの内側が赤く充血したり、ぶよぶよと腫れてきたります。 ねこさんは涙目になり、目を充分に開けることができず、半開きになったりします。 前足で顔を洗う仕種を何度も繰り返す場合もあります。

 

原因としましては

・「ヘルペスウイルス」による猫のかぜにともなっておこる場合

・「クラミジア」という病原体が感染しておこる場合

・その他のばい菌の感染

・目をついたとかこすったなどの傷による場合

などが一般的です。

 

特にヘルペスやクラミジアは猫に多く、発熱を伴う場合もよくあります。 ヘルペスの結膜炎は慢性化しやすく、一度よくなったようにみえても猫さんの 免疫力が落ちた時に再発することがしばしばです。子猫の時にヘルペスウイルスによるひどいかぜを 患った場合などはその後ずっと慢性的な結膜炎が続くこともあります。

治療には抗ウイルス薬やテトラサイクリンと呼ばれる抗生物質の点眼、インターフェロンの注射などいくつかの お薬を組み合わせて使用します。またヘルペス感染の予防にはワクチンがありますので接種してあげるとよいです。

ねこさんの目がうるうるしている時は早めに診察をうけるようにしてくださいね。

ページの先頭へ

ページの先頭へ