歯について | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

診療について

歯について

ウサギの歯は一生の間ずっと伸び続けます。
適切な食事を与え、上手に歯を使わせないと 噛み合わせが狂って上下の奥歯が片寄って伸びてしまいます。普通、下の奥歯は内側(舌のある方向)に尖ってのびてしまうので 食事の時、歯が舌の付け根や横に当たるようになります。

このような状態になるとウサギは痛くてあまり食べなくなります。
また、よだれも出るようになります。 食べなくなることで胃腸の調子も悪くなってしまいます。

ウサギの食事は牧草を主食にし、ペレットや生野菜を少量与えるように しましょう。牧草は奥歯ですりつぶしながら食べなければならないので 歯や胃腸の健康維持のためにとてもよいはたらきをします。

また、金網ゲージを異常にかじるうさぎさんがいますが、これも 歯の片磨耗につながります。大きめの水槽や衣装ケースなどのかじれない入れ物を考慮するべきでしょう。

ウサギさんの食欲が極端に落ちたら診察を受けるようにしてください。
また柔らかいものしか食べなくなった、というのも要注意です。

治療は麻酔をかけて歯を一部削ります。一度噛み合わせが狂うと定期的に歯を削らないといけない場合が殆どです。
日頃から食事には十分配慮しましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ