急に元気がなくなった(椎間板ヘルニアかも) | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

診療について

急に元気がなくなった(椎間板ヘルニアかも)

wp_logoさっきまで元気に動き回っていたのに、気がつくとしっぽを垂れて、背中を丸めてしょんぼりしている。

体が震えていて、抱き上げようとすると痛そうになく…。わんちゃんが、急にこんな状態に陥った時は椎間板ヘルニアかもしれません。

この病気はミニチュアダックスに多発します。
この犬種を飼っている方は特に注意しましょう。

 

椎間板というのは背骨と背骨の間にある座ぶとんのような構造物です。背骨は1本の長い骨でできているのではなく、短い骨がいくつも連なってできています。
その、短い背骨と背骨の1つ1つが互いにぶつからないように、クッションの役割をはたしているのが椎間板なのです。

特定の犬種(特に多いのがミニチュアダックス)では椎間板が障害をおこしやすく、そのせいで背骨の中をはしっている脊髄を圧迫したり、傷つけたりします。

椎間板が壊れて脊髄が圧迫をうけると、程度によって次のような症状がでてきます。
程度が軽い場合は、背中や腰が痛くなります。結果として、犬は体を動かすことを嫌がり、ふるえたり、何かの拍子に痛みから悲鳴のような鳴き声を上げたりします。
最初のうちはこのような痛みからくる元気消失を繰り返すことが多いようです。
しかし、脊髄への椎間板による障害がひどい場合は、後ろ足が麻痺してうんちやおしっこができなくなってしまいます。
首の椎間板が障害をうけると前足も麻痺することがあります。

 

症状が痛みによる元気消失だけであれば、3~4週間の厳しい運動制限でおおかた治ります。
ただ、再発の可能性は常にありますので、運動制限を解いてからも、ジャンプしたり階段を昇り降りしたり、ソファに飛び乗ったりというような背骨に負担をかける運動は厳禁です。
体重超過の場合には減量も必ずしなければなりません。

足が麻痺するような重大な症状がでている場合には外科的な治療が必要になることが多いです。
しかし、手術をしても麻痺が回復しない場合もあります。また、手術を選択しなくても麻痺がかなり回復する場合も多くあります。このあたりは難しいところですが充分な話し合いの上で決めていかなければなりません。

 

ミニチュアダックスを飼っている方は、普段から体重管理を心掛け、ジャンプや飛び乗り、階段の昇降は避けるようにしましょう。
椎間板ヘルニアは突然やってくる恐い病気です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ