ハムスター 耳の腫瘍 | 愛知県愛知郡東郷町にあるとうごう動物病院/犬・猫・ハムスター・フェレット・ウサギなどの病気の治療、ワクチン、フィラリア、マイクロチップ

院長ブログ

ハムスター 耳の腫瘍

Update: 2019.04.25 木曜日

Category:

出血が続いていたハムスターの耳の腫瘍を切除。腫瘍の発生部位が耳の付け根で大規模な切除が必要かと思われましたが、幸い付着部は有茎状になっていて容易に切除できました。病理組織診断はオナー希望により行わず。

元気になってよかったね。

IMG_5071 IMG_5069 IMG_5074

 

 

 

 

 

外科あるある

Update: 2019.03.14 木曜日

Category:

動物に対する医療行為は、人から見れば善い行いであり、人から見れば、必要なことなのだが、当の動物側からすれば迷惑行為以外の何物でもない。
(ただでさえしんどいのに、とっつかまって注射打たれたうえ、なんで体傷つけられなあかんねん! とか思っているはず。。知らんけど。。(;^_^A)

手術でお腹を開けるのも、その原則は当てはまる。

「手術直後だから僕、自重しまーす!」とか言って、大人しくしていてくれればいいけれど。。。

写真は、他院にて急性腹症で試験開腹の後、縫合。その後、当院に3日程入院。退院してその1週間後の様子。
まれに、こんなことになっちゃう。しかし、この子の場合は、縫合時に獣医師側の技術的エラーがあった可能性も十分考えられる。
腹壁縫合時に組織を十分引っ掛けなかった可能性、縫合時に縫合糸に傷をつけてしまって、後で切れた可能性、結紮が不十分だった可能性、、、
医原性?腹壁ヘルニア。リオペ後は順調に回復しました。

よく、獣医は金がかかるといいますが、お金かかるんです。

その大きな理由の1つが、動物は治療に協力的ではない からです。
その動物の協力的でないところを見極めて、リスクをできるだけ相殺できるように対策を練り、事故が起こらないように動物を治療する。
そして、そのリスクについて飼い主に対する細かい説明。。当たり前ですが、様々な人がいますから、その人にとって最も理解しやすい言葉をチョイスしなくてはなりません。解りやすい言葉は曖昧さを内包します。対して専門的な言葉は曖昧さは回避できますが、難解になる。これは中々大変なことなんです←半分愚痴 (;^_^A。

それでも一定の確率で事故は起こる。。。

担雪埋井。。他山の石 としよう。。

IMG_4702

IMG_4703

IMG_4712

 

 

 

精巣と脾臓の腫瘤

Update: 2019.01.20 日曜日

Category:

セルトリ細胞腫と脾臓の血腫。オペ後も元気にしております。良かったです。

jpeg-imag IMG_4566 IMG_4563

 

 

 

 

冬の病気

Update: 2018.12.13 木曜日

Category:

わんこの椎間板ヘルニア; 特に胴長短足のダックスやコーギー、それ以外でもチワワ、プードルも多いかな。抱き上げようとしたらキャンと啼く、背中を丸めて歩き方がゆっくり、動こうとしない、突然後ろ足が動かなくなる(片足のときも両足の時もあります)。排尿排便障害を伴うこともあります。椎間板ヘルニアが首におこると前足にも症状が出ますし(強直した前足後ろ足の動き、立てない等)、なにより痛みがひどい。頭を上にあげられず、ちょっとした体動でも悲鳴を上げることがあります。5-6歳以降の太めの中年のわんこに多い。予防としては、寒い日の朝にはしゃぎまわって元気に散歩に行かない。散歩は気温が上がってからの方が望ましい。長距離を歩かせたり、ボール投げ等の急激な方向転換や、ブレーキングを必要とする運動はさせない。部屋を暖かくする。後ろ足だけで起立させてぴょんぴょんジャンプさせない。決して太らせない。治療には、外科的、内科的治療を組み合わせておこないます。

にゃんこの尿道膀胱疾患; メスはまだよいのですが、特に雄。オスは尿道が長く細い。細菌性膀胱炎や腫瘍性疾患、特発性の出血性膀胱炎もありますが、若い雄猫に多発するのが、ストラバイトやシュウ酸カルシウムの結晶が高濃度に存在することによる尿道炎、膀胱炎です。まるで水道管に砂が詰まるように、これらの結晶が尿道に詰まります。完全に詰まると、排尿出来なくなりますから、急性腎不全をおこし、猫の状態もみるみる悪くなります。3日程度で亡くなってしまうことも…。トイレに頻回に出入りする、一回に出る尿量がすくない(砂の塊が小さい)、排尿時に叫び声をあげる、排尿姿勢で長時間じっとしている、トイレ以外の場所で少量の尿失禁をする、これらの尿路系の症状に加え、食欲廃絶、嘔吐、極端な活動性の低下を伴うこともあります。上記のような、排尿障害の症状に伴い食欲も全くなくなってしまったときは早めの対処が必要です。病院に行きましょう。飼い主さんが予防できることとして、尿に結晶成分ができにくいフードを選択してそれを普段から与えるようにする(飲水量増加、尿PHの調節、結晶の元となるCa、Mg,シュウ酸の制限等の効果)、特に冬だけでも。部屋を暖かくする(飲水量を増やします。溶媒である尿の量が増えると結晶は析出しにくくなります(尿の中に溶けてしまう))ので尿道に詰まりにくくなります。そして、決して太らせないこと

気を付けましょう!(^_^)

IMG_0381

 

 

 

 

 

♪うさーーぎは 

Update: 2018.11.12 月曜日

Category:

避妊手術をするべきでしょうか?答えはイエス。

ですが、犬猫とは異なるリスク と、細かい注意事項がございます。

ぼくですか?僕はしないかもしれないなぁ (なんでやねん!)

#うさぎ #避妊

IMG_3909IMG_3911IMG_3915

 

 

 

 

 

 

IMG_3922

ハリネズミさんの腹腔内腫瘍

Update: 2018.07.08 日曜日

Category:

脾臓と卵巣子宮を摘出。しかし左腎臓も腫瘍化している。これをやり始めると時間がかかる。

ので、貧血改善後再トライ。

IMG_3309 IMG_3320 IMG_3317 IMG_3316

 

 

 

 

 

 

ハリネズミさん

Update: 2018.06.12 火曜日

Category:

ハリネズミさん。

足の腫瘍をとりました。点滴入れるの難しい((;^_^A も少し下に付けないと留置針押し込めないですね。

上手くいって良かったです。

IMG_3236 IMG_3238 IMG_3239 IMG_3233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽毛ダニか?

Update: 2018.05.18 金曜日

Category:

鳥さんの羽にたくさん。毛引きと自咬。

IMG_8089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オウム病

Update: 2018.03.20 火曜日

Category:

たまにあります。オウム病。人にも感染する人畜共通伝染病です。とくに、幼いインコ類をペットショップで購入された方で、鳥さんが鼻水、くしゃみ、涙目、食欲不振、成長不良、尿酸変色等の症状を出している場合は、一度検査をお勧めします。ちょいと、怖い病気です。

IMG_8934

 

 

 

 

 

 

 

ももんがさん去勢

Update: 2018.02.04 日曜日

Category:

手術はもちろんそうですが、それ自体よりもむしろ術後管理に気を使います(^-^;

IMG_2620IMG_0399IMG_2632IMG_2634IMG_2636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 41234

カテゴリーアーカイブ

年月アーカイブ

初めて受診される方へ

ペットの病気と健康について

ペットホテル

マイクロチップ埋込

求人情報

ペットの安楽死について

取扱いペット保険

ページの先頭へ

ページの先頭へ